2019-09-25

自然な価値を提供する音と映像、そしてスマホ連携はこれからが本番 ーIFA2019レポート5

「付加価値」と呼ばれるものの多くは、利用者に新しい操作や、理解を要求するものが多い。

そういった機能の多くは一部の人にしか受け入れられないで終わる。その機能の価値がわかる、操作方法や使いどころがわかる、そういったことが必要になるだけで、利用できる人が限定されてしまうからだ。

冷蔵庫や炊飯器などの家電はマスプロダクトであり、これからもそういった捉え方が必要だとしたとき、マジョリティが便益を得られるようにすることが重要だ。白物家電には、そういった考え方が伝わる機能がいろんなところに見られた。

IFA2019レポート4で記載したように、洗濯機や食洗器は、そもそもの洗浄能力が向上していることや自動で対象物の状態を判断するようなことで、どんどん利用者のオペレーションを削減している。

このような視点以外で、様々な機器で「音を消す」「音を減らす」機能が付加価値になっているということが目立っていた。

自然な価値を提供する音と映像、そしてスマホ連携はこれからが本番 ーIFA2019レポート5

Samsungの洗濯機はいつでも周囲を気にせず洗濯ができる静音性もアピール

ライフスタイルの多様化で夜、掃除機をかける人のための静音掃除機が話題になったのはもう10年以上前のことだ。

洗濯機も同様で、今回のIFAでも静音の掃除機、洗濯機を複数確認することができた。どれもユーザーの操作は不要で、自然と静かに動作するものばかりで、いつものように使うと、うるさくなくて快適に作業ができる。

洗濯機や掃除機は良くあるが、ミキサーのような明らかに大きな音を出す調理家電にも静音機能が搭載されていた。また、換気扇にも静音機能が搭載され始めている。

言われてみれば、日本においても多くの家庭の換気扇が静音になっている。換気扇が回っていることに気付かず、つけっぱなしにしてしまうことも多い。

自然な価値を提供する音と映像、そしてスマホ連携はこれからが本番 ーIFA2019レポート5

防音カバー付きジューサーミキサー

このように動いていることに気付かない実態も明らかになってきていることからも、将来的には自動で不要な家電の電源を切るようなマネジメントサービスの需要が顕在化されていくことは確実だ。

現状ではHEMSに、一般的な生活者は興味を持たずとも、それを入れておかなければ、無駄な電力利用が進む、家電の老朽化が早くなるといったことが考えられる。

いくら自動で電力の利用状況がわかると言われても、ベネフィットが実感できなければ普及はしない。

しかし、これからは状況が変わってくるように思えた。

自然な価値を提供する音と映像、そしてスマホ連携はこれからが本番 ーIFA2019レポート5

ソニーの密閉型ノイズキャンセリングイヤホン

音を消すという視点では、ソニーのノイズキャンセリングイヤホンには多くの人が興味を示し、実際に試聴をしていた。

これまでのイヤホンの機能アピールは、いかに良い音か、高品質か、ということが競争軸であったが、良い音も周囲の雑音が混じると、高い体験価値は得られない。

このイヤホンは雑音や騒音を消し、純粋に良い音を聴く環境を提供したのだが、もう一つ大きな価値がある。それは、単純にノイズを消し、静寂でくつろぐという体験だ。飛行機や鉄道の中は、何時間も騒音と共に過ごす空間で、実は人体への影響も大きい。静寂になるだけで、ストレスが大きく変わってくる。

音に対して映像市場はどのようになっているかと言うと、テレビの進化は基本的に大画面、高画質化が今でも進んでいる。

その中で今回のSamsungのブースでは非常に興味深いアプローチが3つ見られた。

1つはフレームのデザインやカラーリングを自由に選べるというものだ。

これはさほど珍しくないが、薄型テレビもオブジェとしてかわいいかどうか、という視点も必要な時代になってきているということがわかる。

自然な価値を提供する音と映像、そしてスマホ連携はこれからが本番 ーIFA2019レポート5

レトロなデザインで色も選べるSamsungの薄型テレビ

2つ目は壁画になるテレビという提案だ。

これもカラーと近いアプローチだが、「点いている時はテレビ、消えている時はアート」というコンセプトで、テレビをOFFにしている時に黒い無機質な画面ではなく、絵画や写真を表示して部屋の雰囲気を良くするという考え方だ。

自然な価値を提供する音と映像、そしてスマホ連携はこれからが本番 ーIFA2019レポート5

テレビの電源をOFFにしている時、アートが表示され空間を演出

3つ目はサイズ可変のテレビだ。

これはなかなかユニークで、画面を小さくする意味があるのかどうかが最初は理解ができなかったのだが、音と同じで、大画面で動きのある映像がずっと表示されていると精神的に「うるさく」感じるというのだ。テレビをつけっぱなしにせず、静止しているアートを表示することもその背景から生まれたものでもあるが、音を減らす市場と同様に映像を減らす市場が見え始めた。

自然な価値を提供する音と映像、そしてスマホ連携はこれからが本番 ーIFA2019レポート5

サイズ可変壁掛けテレビ(大画面時)


自然な価値を提供する音と映像、そしてスマホ連携はこれからが本番 ーIFA2019レポート5

サイズ可変壁掛けテレビ(小画面時)

画面が可変という視点では、ついにGalaxy Foldに触れることができた。

画面が折り曲げられるスマホだが、外側に約4.6インチの画面、内側を開くと約7.3インチの画面が登場する。内側の大きな画面は分割はもちろん、縦横様々な利用方法ができるようになっている。

スマートフォンに触れているというより、情報量の多いナビゲーション、フレキシブルな電子書籍デバイス、もしくはコンパクトなPC、そういった感覚があった。

自然な価値を提供する音と映像、そしてスマホ連携はこれからが本番 ーIFA2019レポート5

ようやく実際に触れることができたGalaxy Fold

LGでも2画面の折り畳みスマホが展示されていて、新たなスマホの形状進化が見られたが、家電が主役のIFAではスマホのハード的な進化よりも、家電リモコンもしくは家電マネジメントツールとしてのスマホが、ようやくバージョン1.0になったような印象を受けた。

これまでのスマホ連携は、コネクテッドがトレンドなので、とにかく家電を繋ぎ、繋ぐ先や用途としてイノベーティブなものがわからないからとりあえずスマホに繋いでおこう、といったものが多かったが、そういった試行錯誤の結果、確信を持って現時点ではスマホをマネジメントツールとして使うことがベストである、という結論に至ったように見えた。

自然な価値を提供する音と映像、そしてスマホ連携はこれからが本番 ーIFA2019レポート5

家中の家電を管理できるスマホのUI

AndroidというOSが汎用的であることも背景には見えてくるが、Samsungのブースではあらゆる家電がスマホで状態確認ができ、操作ができるようになっていた。

さらに寝室、リビング、キッチン、書斎などの部屋ごとに設置されている家電の操作はもちろん、状態がわかるようになっていた。スマホでできることはAndroid OSが搭載するものであれば同じように展開ができるため、冷蔵庫に埋め込まれたAndroidでもスマホと全く同じようにSmartThingsで繋がったSamsungの家電は全て冷蔵庫からも操作、管理ができる。

自然な価値を提供する音と映像、そしてスマホ連携はこれからが本番 ーIFA2019レポート5

冷蔵庫にもAndroidを搭載し、画面にスマホと同じUIを表示

10年後には、操作をしなくとも、自動でいろんなことをしてくれる家電が当たり前になっていることもあるだろう。その頃にはスマホを使っていない人が増え始めている可能性もあるだろう。

中国で生体認証普及の前に、QRコード決済が一般化したように、あらゆる家電がスマホ連携をすることがスタンダードになった。

これから急速にスマホ連携のフォーマットが標準化されていくことが考えられるが、何のためにスマホ連携をするのか、その先にどのような生活があるべきなのかを考え、その先に起こることも含めてイメージしておくことが重要だ。

CES2015のオープニングキーノートでSamsungは2020年までにSamsung製の全ての家電をConnected対応すると宣言していたが、2020年を目前にして、まさにあらゆる製品がConnectedしている実態がIFA2019のSamsungブースにあった。

そして家電のConnectedに否定的、ないしは消極的だったメーカーにおいても家電のConnectedは基本機能になりつつある。

今後もSamsungが家電市場をリードするとするなら、2020年にどのような宣言をするのか、今からCES2020への期待が高まる。

IFA2019レポート一覧はこちら

記事提供元

IoT NEWS
https://iotnews.jp

関連記事
タグ
IoT NEWS
IoT/AIに関する事例と最新ニュース、インタビュー、知見など、企業のデジタルトランスフォーメーションに役立つ情報を提供いたします
関連記事
ランキング
タグ一覧
マガジン
未来の家PJ
人気の記事を集めました
未来の家 マガジンのキーワード一覧
&ANDHOSTEL(2) AI(50) Alexa(8) amazon(8) Amazon Alexa(1) amazonecho(8) andfactory(2) Apple Watch(1) AR(2) Baby Tech(1) babytech(1) CES(1) googleアシスタント(1) I・TOP横浜(1) IoAネック(1) IoT(142) IoTウォーターサーバー(1) IoTおもてなし(1) IoT住宅(3) IoT家電(1) IoT建材(3) IoT忘れ物(1) IoT文具(1) IoT時計(1) IoT決済(1) IoT電球(2) ITOP(1) LEDライト(1) LINE(6) LPWA(54) O2O(1) siri(1) VR(4) イベント(3) インタビュー・体験(33) ウェアラブル(52) クックパッド(1) コネクテッドカー(11) シェアサイクル(2) シェアハウス(1) シェアリングエコノミー(5) スポーツ(3) スマートLED(1) スマートウォッチ(10) スマートカメラ(1) スマートキッチン(1) スマートグラス(2) スマートシティ(57) スマートスタジアム(1) スマートスピーカー(23) スマートディスプレイ(2) スマートトイレ(1) スマートホーム(152) スマートホームガジェット(1) スマートホームデバイス(1) スマートミラー(2) スマートライフ(1) スマートロック(13) スマートロボット(1) スマート保育(1) スマート宅配ボックス(1) スマート家電(1) スマホ決裁(1) タクシー(2) トイレ(1) ヒアラブル(1) プレスリリース(1) ペット(2) ヘルスケア(13) ヘルスケアIoT(1) ホームIoT(2) ホステル(1) ライドシェア(1) ロボット(2) ロボット家具(1) ワイヤレス(1) 医療(1) 口腔ケア(1) 子育て(1) 宅配ロボット(1) 展示会(1) 未来の家プロジェクト(2) 横浜市(1) 美容機器(1) 翻訳機(1) 自動運転(6) 見守り(20) 農業IoT(1) 顔認証システム(1)
未来の家をつくるために役立つ情報を紹介
未来の家プロジェクトからのお知らせ
PROJECT MEMBER
参画順

横浜市

「未来の家プロジェクト」は横浜市が立ち上げた「I▢TOP(アイトップ)横浜」の個別プロジェクトの一つであり、IoTスマートホームを用いた実証実験を通じて、高齢者の独り暮らしや災害時の対応といった社会課題の解決や新規ビジネス創出を目指します。また、横浜市は本プロジェクトに協業していただける企業への呼びかけや実証実験の場の提供に向けた調整を行います。

I▢TOP横浜とは、横浜市が2017年4月に立ち上げた横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoT等を活用したビジネス創出に向けた交流・連携、プロジェクト推進、人材育成等の場となる「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」のことです。

株式会社NTTドコモ

様々なメーカーのIoT機器を一元的に管理、制御可能なIoTアクセス制御エンジン技術を、セミナーなどを通じて提供するとともに、実証実験施設として「IoTスマートホーム」を提供しています。また、IoT機器メーカーなどと協力し、IoTアクセス制御エンジン技術を活用した数多くのIoTサービスの創出を支援してまいります。

and factory株式会社

日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」のプロデュース経験とプラットフォームアプリ「&IoT」の開発実績を活かし、IoTスマートホームの居住者のユーザー体験設計と、居住者に便利に快適に生活してもらうためのアプリ開発を行っております。また、今後協業する企業との事業検討、企画を行い、実証実験から事業化を推進し、IoTスマートホームを普及させていく役割を担っています。

富士通コネクテッドテクノロジーズ

長年のスマートフォン開発で培ったセンシング技術、音声認識技術を応用し、居住者に健康な生活を送っていただくために、居住者の健康状態(ストレス、血管年齢、心拍数)を測定しアドバイスを提供するデバイスを開発を行いました。健康をアドバイスするエージェントデバイスをIoTスマートホーム内に設置しております。

相鉄グループ

相鉄沿線での低未利用地を活用し、実証実験の場を提供するほか、相鉄グループの各事業との連携も含めて協力してまいります。相鉄グループは、”相鉄いずみ野線沿線 環境未来都市”「誰もが住みたい、住み続けたいと思える持続可能なまちづくり」に取り組んでいます。 今後も沿線の魅力や暮らしやすさを高める取り組みを関係者と一体となって実施してまいります。

凸版印刷

凸版印刷は、「住まいは、くらす人と対話する存在へ」をコンセプトに「トッパンIoT建材シリーズ」を開発しております。本プロジェクトでは、開発中のトッパンIoT建材シリーズをIoTスマートホームに導入し、さりげなく「見守り」、「居住者が家と対話」をしながら便利にくらすなど、建材としてストレスフリーな生活を支える検証をしてまいります。

foo.Log

自社サービスで蓄積した食事に関する膨大な記録データと東京大学と共同研究している最先端の画像解析技術を元に写真に写った食事メニューを推定する機能と食事に関連するアドバイスを提供する機能をIoTスマートホームに提供しています。今後はIoTスマートホームで蓄積した新たなデータから、IoT機器と連携した使いやすい機能の開発を進めて参ります。

資生堂

デバイスで操作できる化粧品吐出デバイスを設置し、他の各種環境センシングおよび生活行動ログ等との関連性を検討することで、美容のよい空間をづくりを目指してまいります。

グリーンブルー

環境調査、環境モニタリングで培った測定技術をベースに、各種測定器、センサーを用いて、IoTスマートホーム居住者の日常生活に伴う環境影響(PM2.5、CO2、VOC等)を測定し、収集データの解析・評価をしています。快適な住環境の創造に向けて、“空気”の視点から各社デバイスとの関連性を追究し、新サービスの創出に取り組んでまいります。

三和シヤッター工業

社会のニーズや生活スタイルに適応した商品をラインナップすることに積極的に取り組み、より良い未来の住環境づくりに協力したいと考えております。本プロジェクトでは各種デバイスで操作できる窓シャッターを提供しています。

SMK

これまでのコネクタ、タッチパネル、スイッチ、リモコン、RF通信モジュールなどの主力ビジネスに加え、最近の取り組みとして、パートナー様との協業やオープンイノベーションの推進によるIoT関連の新規事業創出を積極的に進めています。本プロジェクトでは、BLEを利用した「見守りセンサー」を設置し、お部屋にいる方の活動の有無や出入りをモニターするシステムをご提供しております。

アイホン株式会社

アイホンはインターホン専門メーカーとして、住まう人一人ひとりが快適で安全に過ごせるコミュニケーションシステムを提供しています。このプロジェクトではIoTスマートホームとインターホンがつながることで新たなサービスを創出し、魅力ある製品開発へ活かしてまいります。

株式会社アロマジョイン

世界初の香り制御装置「アロマシューター」の開発・製造及び販売

株式会社ニチベイ

当社は、ブラインド・ロールスクリーンと間仕切りの専門メーカーです。光と熱のコントロールを通じて「快適な住空間づくり」に取り組んでいます。本プロジェクトでは、当社の電動製品を様々な機器と連携することにより、窓まわりのIoT化に貢献してまいります。

株式会社フィッツコーポレーション

「豊かさが香るものづくり」をビジョンとし、オリジナルブランドのフレグランスアイテムの企画開発・販売、海外ブランドの日本正規代理店として輸入・販売を行う。現在約40ブランドを取扱い、百貨店からコンビニエンスストアまで幅広い流通展開が特徴。現在、「快適な眠り空間をサポートする香り」を杏林大学脳科学 古賀教授とともに、「眠りと香り」について被験者テストなどを通じて開発中。