2017-09-27

未来の家プロジェクトがイベントへ初出展

未来の家プロジェクトのPROJECT MEMBERである横浜市とNTTドコモがパシフィコ横浜で開催されるBioJapanと同日開催のME-BYO Japanへそれぞれ出展いたします。

横浜市は、バイオビジネスにおけるアジア最大のパートナリングイベント「BioJapan」へ出展し、本年4月に立ち上げた「I・TOP横浜」内のプロジェクトの一つである「未来の家プロジェクト」を紹介いたします。

NTTドコモは、神奈川県主催の未病にかかわる企業、団体等の、最先端の未病関連製品・サービスを一堂に集めたイベント「ME-BYO Japan2017」へ出展し、「未来の家プロジェクト」の紹介と、プロジェクトで実際に使用しているIoTスマートホームの展示を行います。

IoTスマートホームは生活動線に合わせて設置したIoTセンサーなどで、居住者の生活データをクラウド上に収集し、居住者は一つの管理画面で生活状態を把握でき、また、アプリケーションを用いてIoT家電などの操作が可能になります。

BioJapan

バイオビジネスにおけるアジア最大のパートナリングイベントです。
展示会・セミナー・パートナリングプログラムを通じてバイオ産業のオープンイノベーションを加速させる目的で、1986年の初開催から成長を続け、19回目の開催を迎えます。創薬、個別化医療、再生医療、診断・医療機器、ヘルスケア、環境・エネルギー、機能性食品、研究用機器・試薬等の分野において、30ヶ国から850社以上の参加が見込まれます。

名称 BioJapan 2017
http://www.ics-expo.jp/biojapan/ja/index.html
会期 2017年10月11日(水)~13日(金) 10:00~17:00
会場 パシフィコ横浜 展示ホール
入場等 原則事前申込
申し込み方法 http://www.ics-expo.jp/biojapan/main/index.html

ME-BYO Japan2017

アジア最大規模のバイオテクノロジー関連の展示会である「BioJapan2017」内スペースに未病に関するエリア「ME-BYO Japan2017」を設置し、未病にかかわる企業、団体等の最先端の未病関連製品・サービスを一堂に集め、ビジネスマッチングや交流を促進するとともに、国内及び世界に向けて未病の発信を行うイベントです。

名称 ME-BYO Japan2017
https://www.me-byo-summit.jp/exhibition/
会期 2017年10月11日(水)~13日(金) 10:00~17:00
会場 パシフィコ横浜 展示ホール(BioJapan2017-World Business Forum-内)
入場等 原則事前申込
申し込み方法 http://www.ics-expo.jp/biojapan/main/index.html
※Bio Japanの参加申し込みでME-BYO Japanにご入場頂けます。
タグ
PROJECT MEMBER

横浜市

未来の家プロジェクトは横浜市が立ち上げた「I・TOP(アイトップ)横浜」内の一環となり、IoTスマートホームを用いた実証実験を通じて、高齢者の一人暮らしや災害時の対応など、社会課題の解決と新規ビジネス創出の機会とします。また横浜市は市内6000社の製造業、3000社のIT産業との連携や、実証実験の場を提供するなどの協力を行っております。

I・TOP横浜とは、横浜市が2017年4月に立ち上げた横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoT等を活用したビジネス創出に向けた交流・連携、プロジェクト推進、人材育成等の場となる「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」のことです。

株式会社NTTドコモ

様々なメーカーのIoT機器を一元的に管理、制御可能なIoTアクセス制御エンジン技術を、セミナーなどを通じて中小企業に提供するとともに、実証実験施設として「IoTスマートホーム」を提供しています。また、IoT機器メーカーなどと協力し、IoTアクセス制御エンジン技術を活用した数多くのIoTサービスの創出を支援してまいります。

and factory株式会社

日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」のプロデュース経験とプラットフォームアプリ「&IoT」の開発実績を活かし、IoTスマートホームの居住者のユーザー体験設計と、居住者に便利に快適に生活してもらうためのアプリ開発を行っております。また、今後協業する企業との事業検討、企画を行い、実証実験から事業化を推進し、IoTスマートホームを普及させていく役割を担っています。