2017-06-22

I・TOP横浜 未来の家プロジェクト始動

横浜市、NTTドコモ、and factoryと共同でIoTスマートホームを活用した「未来の家プロジェクト」を開始

〜人工知能(AI)、IoTを通じて快適で健康な暮らしをサポート〜

横浜市、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、and factory株式会社(以下、and factory)と共同で、2017年4月11日(火曜)に横浜市が立ち上げた「I・TOP横浜※1 」内のプロジェクトとして、人工知能(AI)およびIoTを活用し、居住者のリラックス度や活動量などの生活状態を可視化することで気づきを与えることや、快適な室内環境づくりを行うことを検討・推進する「未来の家プロジェクト」を本日より開始します。

単身世帯、高齢者世帯や在宅介護が増加する中、居住者が自らの生活状態や離れて暮らす家族が居住者の生活状態を把握しきれずに日常を過ごしています。三者は、住宅メーカーやIoT機器メーカーなどの横浜市内の中小企業などと協力し、IoT家電やセンサーなどを実装した「IoTスマートホームTM」を用いて実証実験を行い、将来的には、家が居住者の生活状態を把握し、AIを通じて居住者の状態に合わせた快適な室内環境へ自動調節する未来の家の実現をめざします。

従来、健康管理に関するバイタルデータや食事などのデータは、ユーザーがそれぞれのアプリケーションで個別に管理することになっており、継続して利用されにくいという課題がありました。

IoTスマートホームでは、複数のデータをクラウド上に収集し、スマートフォンなどの一つの管理画面で可視化されるため、居住者は手軽に生活状態を把握できます。さらに、居住者はIoT家電などを一括で管理できるアプリケーションを用いて、手軽にIoT家電などの操作が可能になります。

本プロジェクトにおいて、横浜市は協業いただける中小企業への呼びかけ、実証実験の場を提供します。ドコモは、様々なメーカーの機器を一元的に管理、制御可能なIoTアクセス制御エンジン※2 技術を、セミナーなどを通じて中小企業に提供するとともに、実証実験施設として「IoTスマートホーム」を提供いたします。and factoryは、IoTアクセス制御エンジン技術を活用し、居住者がIoT機器を一括で管理・調節できるアプリケーションと、本プロジェクトで生まれたIoTプロダクトの事業化および事業化に関するノウハウを中小企業へ提供します。

今後三者は、横浜市内の中小企業などと協力し、約2年間にわたり、IoTスマートホーム※5を用いた実証実験を通じて、実際の生活ログを蓄積、解析することで、居住者の生活状態や快適さについて評価・検討を行う予定です。

※1 I・TOP(アイトップ)横浜は、横浜市が2017年4月に立ち上げた横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoT等を活用したビジネス創出に向けた交流・連携、プロジェクト推進、人材育成等の場となる「IoTオープンイノベーション・パートナーズ(I・TOP横浜)」です。

※2 「IoTアクセス制御エンジン」とは、ドコモが開発した様々なメーカーのIoT機器を制御管理できるAPI(Application Programming Interface)です。本技術は、国際標準化規格「GotAPI(ゴット・エー・ピー・アイ)※3 」に準拠しています。本技術は、IoT機器の遠隔管理やデータ蓄積が可能になり、多くのデータが容易に集積でき、AI・ビッグデータ解析推進につなげることができます。

※3 「GotAPI」とは、「Generic Open Terminal API」の略です。ドコモ、AT&T等が中心となりOMA※4 にて標準化を推進しています。

※4 OMAとは「Open Mobile Alliance」の略です。携帯電話に関する規格策定を行うスマートフォンベンダー・周辺機器ベンダー・通信キャリアなどが加盟する国際的な標準化団体です。

※5 「IoTスマートホーム」はNTTドコモの商標です。

IoTスマートホーム

IoTスマートホームでは、生活動線に合わせて設置したIoTセンサーなどで、居住者の生活状態などをクラウド上に収集し、居住者は一つの管理画面で生活状態を把握できます。また、アプリケーションを用いて一括でIoT家電などの操作が可能になります。将来的には、AIを活用することで家が居住者の生活状態を理解し、室内環境を快適で健康的な状態に自動調節することをめざします。

システム構成図

システム構成図

設置しているIoT機器一覧

ストレス解析
ソファー
データ収集
座るだけで、心拍数情報の取得
ワットチェッカー データ収集
コンセントに設置し、消費電力値の取得・可視化
活動量計 データ収集
居住者が身に着け、1日の活動量を可視化
体重計 データ収集
洗面台前の床に埋め込み型で設置し、自動的に居住者の体重を取得
空気センサー データ収集
部屋の気温湿度、騒音レベル、気圧、CO2濃度等の取得
ベッド データ収集
敷布団の下に設置し、睡眠の深さや呼吸等を収集、解析
メガネ データ収集
まばたきの回数や視線情報を取得、解析
ミラー データ収集
前日の体重、睡眠解析データや今日の天気などの情報を可視化
血圧計 データ収集
血圧値の取得し、アプリケーションで可視化
食事解析カメラ データ収集
食卓の上に設置し、カメラを押すだけで、食事を記録し、栄養素を解析
カーテン 操作
アプリケーションを通じて、カーテンが自動的に開閉
赤外線学習
リモコン
操作
アプリケーションを通じて TV、エアコン、空気清浄器、香りデバイスの制御
開閉センサー 操作
玄関ドア、冷蔵庫の扉等のドア開閉回数の数値化・可視化
照明 操作
アプリケーションを通じて照度、色のコントロール
スマートロック 操作
アプリケーションを通じて鍵の開閉
空気清浄器 操作
アプリケーションを通じて、空気清浄器の制御
香りデバイス 操作
アプリケーションを通じて、香りを放出

※1 機器は今後拡大予定
※2 現時点の「IoTスマートホーム」では自動調節機能はありません。

タグ
関連記事
ランキング
タグ一覧
マガジン
未来の家PJ
人気の記事を集めました
未来の家 マガジンのキーワード一覧
未来の家をつくるために役立つ情報を紹介
未来の家プロジェクトからのお知らせ
PROJECT MEMBER

横浜市

「未来の家プロジェクト」は横浜市が立ち上げた「I▢TOP(アイトップ)横浜」の個別プロジェクトの一つであり、IoTスマートホームを用いた実証実験を通じて、高齢者の独り暮らしや災害時の対応といった社会課題の解決や新規ビジネス創出を目指します。また、横浜市は本プロジェクトに協業していただける企業への呼びかけや実証実験の場の提供に向けた調整を行います。

I▢TOP横浜とは、横浜市が2017年4月に立ち上げた横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoT等を活用したビジネス創出に向けた交流・連携、プロジェクト推進、人材育成等の場となる「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」のことです。

株式会社NTTドコモ

様々なメーカーのIoT機器を一元的に管理、制御可能なIoTアクセス制御エンジン技術を、セミナーなどを通じて提供するとともに、実証実験施設として「IoTスマートホーム」を提供しています。また、IoT機器メーカーなどと協力し、IoTアクセス制御エンジン技術を活用した数多くのIoTサービスの創出を支援してまいります。

and factory株式会社

日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」のプロデュース経験とプラットフォームアプリ「&IoT」の開発実績を活かし、IoTスマートホームの居住者のユーザー体験設計と、居住者に便利に快適に生活してもらうためのアプリ開発を行っております。また、今後協業する企業との事業検討、企画を行い、実証実験から事業化を推進し、IoTスマートホームを普及させていく役割を担っています。

相鉄グループ

相鉄沿線での低未利用地を活用し、実証実験の場を提供するほか、相鉄グループの各事業との連携も含めて協力してまいります。相鉄グループは、”相鉄いずみ野線沿線 環境未来都市”「誰もが住みたい、住み続けたいと思える持続可能なまちづくり」に取り組んでいます。 今後も沿線の魅力や暮らしやすさを高める取り組みを関係者と一体となって実施してまいります。

富士通コネクテッドテクノロジーズ

長年のスマートフォン開発で培ったセンシング技術、音声認識技術を応用し、居住者に健康な生活を送っていただくために、居住者の健康状態(ストレス、血管年齢、心拍数)を測定しアドバイスを提供するデバイスを開発を行いました。健康をアドバイスするエージェントデバイスをIoTスマートホーム内に設置しております。