2018-04-17

世界のスマートホームデバイスは前年比27.6%増、IDCが発表

【概要】
■2017年、全世界のスマートホームデバイスの出荷台数は、前年比27.6%増の4億3,310万台
■今後、年間平均成長率 18.5%で成長し、2022年には出荷台数が9億3,970万台に達する
■スマートホーム市場で最も成長率が高いのは、引き続きAmazon EchoやGoogle Homeなどのデバイスを含むスマートスピーカーのカテゴリー

IDC Japan株式会社は、コンシューマー向けスマートホームデバイス市場に関する市場予測を発表した。

2017年、全世界のスマートホームデバイスの出荷台数は、前年比27.6%増の4億3,310万台だった。IDCでは今後の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を18.5%と予測しており、2022年には出荷台数が9億3,970万台に達する見通しだ。

予測期間中、スマートホーム市場で最も成長率が高いのは、引き続きAmazon EchoやGoogle Homeなどのデバイスを含むスマートスピーカーのカテゴリーだ。一方、その他のカテゴリーも、ビデオエンターテインメント製品を除いて、2桁のCAGRになると予測している。

「スマートホーム市場はまだ黎明期だが消費者とベンダーのアプローチには、すでに相当な変化が見られる。Alexa、Siri、Google Assistantなどのスマートアシスタントとの相互運用をめざして、ハードウェアメーカー各社がしのぎを削っているため、インターフェイスの中心としてのセントラルハブやアプリには、あまり重点が置かれなくなっている。その一方で、消費者はスマートアシスタントを擬人化して使いこなすにはまだ違和感があり、さまざまなスマートホームデバイスへの、より自然なユーザーインターフェイスを待望するようになっている」と、米国IDC Mobile Device Tracker シニアリサーチアナリストのジテシュ・ウブラニ氏は述べている。

また、「スマートホーム市場も、より広範なコンシューマーIoTエコシステム全体も、まだ初期の段階にすぎない。だが、今後数年間は、かなり大きな成長が見込まれる。特に、消費者の間でAmazon AlexaやGoogle Assistantなどのスマートアシスタントプラットフォームが知名度を上げ、普及している。スマートアシスタントは、スマートスピーカーの形式でも、温度調節器、冷蔵庫、テレビなどのデバイスに組み込まれた形式でも、急速にコンシューマーIoTの基盤になりつつある。コネクテッドデバイスのアクセシビリティ、用途、機能を拡張するスマートアシスタントの普及率は、近い将来、著しく上昇するだろう」と、米国IDC Consumer IoT Program シニアリサーチアナリストのアダム・ライト氏は述べている。

カテゴリー別ハイライト

スマートテレビ、デジタルメディアアダプターなど、IP接続ビデオデバイスを含むビデオエンターテインメントデバイスは、2017年~2022年の間、出荷台数ベースで8.3%のCAGRが予測される。

さらに、これらのデバイスは、スマートホーム市場全体の売上高で約4分の3を占めると見込まれる。これは平均販売価格で、テレビが最も高い範疇に含まれるためだ。2017年、テレビのカテゴリーをリードしたのはSamsungとLGだった。一方、デジタルメディアアダプターではAmazon、Google、Rokuの順で上位を占めた。

ホームモニタリング/セキュリティは、コネクテッドなドア錠、カメラ、湿度センサー、ドアベルなどのデバイスで構成されるカテゴリーだ。2022年までの間、出荷台数ベースで2番目に大きいのは、引き続きこのカテゴリーであるとIDCは予測している。

このような製品を住宅に備え付けるのが容易になり、「DIY指向」でない消費者でも、スマートアシスタントなどのデバイスに簡単に統合できるようになると見込まれている。

スマートアシスタントを組み込んだスマートスピーカーは最近、Appleなどの有力ブランドが新規参入した結果、注目の的となっている。さらに、AmazonやGoogleが第一弾のスピーカーから教訓を得て、新モデルや新価格帯で迅速に対応するとともに、他の多くのブランドと提携し、AlexaまたはGoogle Assistant対応のスピーカーを投入している。

このカテゴリーに関連する収益全体の中で、ハードウェアの売上が占める割合は最も小さいため、パートナーがどれくらい長期にわたって生き残るかは、まだ定かではないという。

Philips、GE、IKEAなどによるコネクテッド照明器具は、消費者をスマートホーム市場に呼び寄せる玄関口の役割を、ある程度まで果たしている。急速な低価格化に加え、エントリーレベルのスマートホームソリューションとしてスマートスピーカーとバンドルされることで、照明器具のカテゴリーは非常に将来有望だという。

IDCの予測では、このカテゴリーは2022年末までに35億ドル以上の規模に達する見通しだ。

NestやEcobeeなどが提供している温度調節器は、世界全体における2022年までの出荷台数ベースのCAGRが20.8%と予測されている。成長率は高いものの、このカテゴリーは規模が一番小さいとIDCでは予測している。

大部分の家庭で温度調節器は1台しか使わないことに加え、世界のほとんどの地域(例:アジア太平洋地域および中東)では単独の温度調節器は使わず、代わりにエアコンや暖房器具に組み込まれていることが、その理由だという。

コネクテッド家電、スプリンクラーシステム、その他の小型デバイスを含むその他のスマートホーム製品については、2017年~2022年の出荷台数ベースのCAGRが18.2%と予測している。従来の家電製品など、アナログの同等製品の多くは、買い替えサイクルが長く、今後のスマートホームにおける訴求力が全体的に乏しいと見られる。

【関連リンク】
IDC Japan

記事提供元

IoTニュース:IoT NEWS
https://iotnews.jp

関連記事
タグ
IoT NEWS
IoT(Internet of things:モノのインターネット)のイマジネーションをかきたて、仲間づくりを促進する
関連記事
ランキング
タグ一覧
マガジン
未来の家PJ
人気の記事を集めました
未来の家 マガジンのキーワード一覧
未来の家をつくるために役立つ情報を紹介
未来の家プロジェクトからのお知らせ
PROJECT MEMBER

横浜市

「未来の家プロジェクト」は横浜市が立ち上げた「I▢TOP(アイトップ)横浜」の個別プロジェクトの一つであり、IoTスマートホームを用いた実証実験を通じて、高齢者の独り暮らしや災害時の対応といった社会課題の解決や新規ビジネス創出を目指します。また、横浜市は本プロジェクトに協業していただける企業への呼びかけや実証実験の場の提供に向けた調整を行います。

I▢TOP横浜とは、横浜市が2017年4月に立ち上げた横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoT等を活用したビジネス創出に向けた交流・連携、プロジェクト推進、人材育成等の場となる「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」のことです。

株式会社NTTドコモ

様々なメーカーのIoT機器を一元的に管理、制御可能なIoTアクセス制御エンジン技術を、セミナーなどを通じて提供するとともに、実証実験施設として「IoTスマートホーム」を提供しています。また、IoT機器メーカーなどと協力し、IoTアクセス制御エンジン技術を活用した数多くのIoTサービスの創出を支援してまいります。

and factory株式会社

日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」のプロデュース経験とプラットフォームアプリ「&IoT」の開発実績を活かし、IoTスマートホームの居住者のユーザー体験設計と、居住者に便利に快適に生活してもらうためのアプリ開発を行っております。また、今後協業する企業との事業検討、企画を行い、実証実験から事業化を推進し、IoTスマートホームを普及させていく役割を担っています。

相鉄グループ

相鉄沿線での低未利用地を活用し、実証実験の場を提供するほか、相鉄グループの各事業との連携も含めて協力してまいります。相鉄グループは、”相鉄いずみ野線沿線 環境未来都市”「誰もが住みたい、住み続けたいと思える持続可能なまちづくり」に取り組んでいます。 今後も沿線の魅力や暮らしやすさを高める取り組みを関係者と一体となって実施してまいります。

富士通コネクテッドテクノロジーズ

長年のスマートフォン開発で培ったセンシング技術、音声認識技術を応用し、居住者に健康な生活を送っていただくために、居住者の健康状態(ストレス、血管年齢、心拍数)を測定しアドバイスを提供するデバイスを開発を行いました。健康をアドバイスするエージェントデバイスをIoTスマートホーム内に設置しております。