2018-04-14

充電不要! 体温で発電するスマートウォッチ登場

ソフトバンク コマース&サービスから、体温で発電する世界初のスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch」が発売された。独自の熱発電技術を搭載しており、体温と外気温との温度差により本体の駆動に必要な電力を生み出すことが可能。体温による発電は、常に身につけるスマートウォッチとして最適な発電方法だろう。なお、非装着時にも蓄電された電力で駆動する。

また、一日で自分の体温により発電した電力量を確認・友人へとシェアもできるため、誰が一番電力を創りだしたか、などゲーム感覚で楽しむこともできる。

スマートウォッチとしての機能としては、以下のとおり。

・カロリー計算
人の体内で消費カロリーは熱に変換される。MATRIX PowerWatchは熱からその消費カロリーを正確に計測する。

・歩数計
歩数を計測することで、一日の活動量を把握できる。

・睡眠量計
睡眠時間を計測する。計測中も体温によって発電するため、翌朝、充電する必要はない。

ほかに、50M防水を備えている他、文字盤のカスタマイズも可能。

計測したデータは本体の画面で確認できる。また、スマートフォンと本製品をBluetoothで接続することで、計測したデータを専用のアプリケーションによる管理することも可能だ。

ラインアップはSilver(税込3万5,424円)とBLACK OPS PACK(税込4万824円)の2種類。
また、5月以降に上記に加えて着信通知機能などを備えた「MATRIX PowerWatch X」も販売開始予定。

なお、MATRIX PowerWatchはソフトバンク コマース&サービスの「+Style」という、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォームから販売される。「+Style」は、消費者と一緒にものづくりができるプラットフォームで、製品の段階に応じて3つの機能を有しており、本製品は「ショッピング」で販売される。

「プランニング」では、投稿された製品やアイデアにユーザーが意見を述べることで、企業とユーザーが商品化に向けて一緒に企画を進めていくことが可能。

「クラウドファンディング」では、消費者の声を取り入れながら製品を作り上げていくとともに、インターネット経由で多くのユーザーから事前に商品購入を募って商品化することが可能。

そして「ショッピング」では、一般販売前の商品などを、先行や数量限定で販売するといった活用ができるとともに、商品に対する購入者からの意見を集めることが可能。

今後も新機軸の製品が登場することを楽しみにしたい。

記事提供元

IoT Today
http://iottoday.jp/

関連記事
タグ
IoT Today
IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -
関連記事
ランキング
タグ一覧
マガジン
未来の家PJ
人気の記事を集めました
未来の家 マガジンのキーワード一覧
未来の家をつくるために役立つ情報を紹介
未来の家プロジェクトからのお知らせ
PROJECT MEMBER

横浜市

「未来の家プロジェクト」は横浜市が立ち上げた「I▢TOP(アイトップ)横浜」の個別プロジェクトの一つであり、IoTスマートホームを用いた実証実験を通じて、高齢者の独り暮らしや災害時の対応といった社会課題の解決や新規ビジネス創出を目指します。また、横浜市は本プロジェクトに協業していただける企業への呼びかけや実証実験の場の提供に向けた調整を行います。

I▢TOP横浜とは、横浜市が2017年4月に立ち上げた横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoT等を活用したビジネス創出に向けた交流・連携、プロジェクト推進、人材育成等の場となる「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」のことです。

株式会社NTTドコモ

様々なメーカーのIoT機器を一元的に管理、制御可能なIoTアクセス制御エンジン技術を、セミナーなどを通じて提供するとともに、実証実験施設として「IoTスマートホーム」を提供しています。また、IoT機器メーカーなどと協力し、IoTアクセス制御エンジン技術を活用した数多くのIoTサービスの創出を支援してまいります。

and factory株式会社

日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」のプロデュース経験とプラットフォームアプリ「&IoT」の開発実績を活かし、IoTスマートホームの居住者のユーザー体験設計と、居住者に便利に快適に生活してもらうためのアプリ開発を行っております。また、今後協業する企業との事業検討、企画を行い、実証実験から事業化を推進し、IoTスマートホームを普及させていく役割を担っています。

相鉄グループ

相鉄沿線での低未利用地を活用し、実証実験の場を提供するほか、相鉄グループの各事業との連携も含めて協力してまいります。相鉄グループは、”相鉄いずみ野線沿線 環境未来都市”「誰もが住みたい、住み続けたいと思える持続可能なまちづくり」に取り組んでいます。 今後も沿線の魅力や暮らしやすさを高める取り組みを関係者と一体となって実施してまいります。

富士通コネクテッドテクノロジーズ

長年のスマートフォン開発で培ったセンシング技術、音声認識技術を応用し、居住者に健康な生活を送っていただくために、居住者の健康状態(ストレス、血管年齢、心拍数)を測定しアドバイスを提供するデバイスを開発を行いました。健康をアドバイスするエージェントデバイスをIoTスマートホーム内に設置しております。