2018-04-06

次なるAIのフロンティアはアジア。日本マイクロソフトが予測を発表

※冒頭の写真は、マイクロソフトの音声認識、自然言語処理、機械翻訳の取り組みを統率するテクニカルフェロー、ゼドン・ファン氏(写真提供:スコット・エクルンド/Red Box Pictures)

今は「第3次AIブーム」と言われるように、AI(人工知能)が注目を集めている。これからのビジネスに変革を起こしていく存在として大きな可能性を秘めた分野であるが、欧米諸国に比べて日本を含めたアジア勢は出遅れている感がある。

そんななか、日本マイクロソフトは、次のAI技術開発のフロンティアはアジアであるとの予測を発表した。これには大きく分けて3つの理由があるという。

(1)AIにはデータが必要

AIが適切に機能するには大量のデータが必要となる。AIはデータから学習するため、システムに供給するデータ量が増えるほど良好な結果が得られるのだ。アジアは世界で最も多くの人口を擁しているだけでなく、デジタルによるつながりが最も普及した地域。このため、AIシステムが必要とする大量のデータを提供できるという見通しだ。

(2)AIには人材が必要

発展著しいAI領域だが、より強力で洗練されたAIプログラムの開発には、さらなる時間が必要となる。これを支えるのが、テクノロジー企業や研究機関のAI機能の開発に貢献できるSTEM(科学・テクノロジー・工学・数学)分野の人材。そのSTEM人材はアジアから生まれる可能性が高まっているという。UBSによれば、2025年までに中国とインドのタレントプールの合計が米国を上回ると予測している。

(3)AIには活用が必要

前述のとおり、より多くのデータがAIシステムに供給されれば、より良好な結果が得られる。なかでもアジアは生まれた時からデジタルに慣れ親しんでいるいわゆる“デジタルネイティブ”な若年層の人口が多い。国連によれば、世界の若年層人口の60%がアジア太平洋地域に居住していると推定している。これらデジタルネイティブな人々は、自身の生活を向上させるためにデジタルテクノロジーを積極的に活用する傾向にある。それによって大量のデータも供給され、AIシステムに良好な結果をもたらすというわけだ。

AIは、現代の企業や国家が求められているデジタルによる変革(デジタルトランスフォーメーション)において、重要な役割を果たす要素だ。調査会社のIDCによれば、2019年までにAIは新しい業務運営と収益化モデルのためのタイムリーで重要な洞察を提供し、アジア地域のデジタルトランスフォーメーションの40%を支援すると予測している。

そんな重要なAIの技術開発において、日本、ひいてはアジアが先進地域となる日が来るのを楽しみにしたい。

記事提供元

IoT Today
http://iottoday.jp/

関連記事
タグ
IoT Today
IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -
関連記事
ランキング
タグ一覧
マガジン
未来の家PJ
人気の記事を集めました
未来の家 マガジンのキーワード一覧
未来の家をつくるために役立つ情報を紹介
未来の家プロジェクトからのお知らせ
PROJECT MEMBER

横浜市

「未来の家プロジェクト」は横浜市が立ち上げた「I▢TOP(アイトップ)横浜」の個別プロジェクトの一つであり、IoTスマートホームを用いた実証実験を通じて、高齢者の独り暮らしや災害時の対応といった社会課題の解決や新規ビジネス創出を目指します。また、横浜市は本プロジェクトに協業していただける企業への呼びかけや実証実験の場の提供に向けた調整を行います。

I▢TOP横浜とは、横浜市が2017年4月に立ち上げた横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoT等を活用したビジネス創出に向けた交流・連携、プロジェクト推進、人材育成等の場となる「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」のことです。

株式会社NTTドコモ

様々なメーカーのIoT機器を一元的に管理、制御可能なIoTアクセス制御エンジン技術を、セミナーなどを通じて提供するとともに、実証実験施設として「IoTスマートホーム」を提供しています。また、IoT機器メーカーなどと協力し、IoTアクセス制御エンジン技術を活用した数多くのIoTサービスの創出を支援してまいります。

and factory株式会社

日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」のプロデュース経験とプラットフォームアプリ「&IoT」の開発実績を活かし、IoTスマートホームの居住者のユーザー体験設計と、居住者に便利に快適に生活してもらうためのアプリ開発を行っております。また、今後協業する企業との事業検討、企画を行い、実証実験から事業化を推進し、IoTスマートホームを普及させていく役割を担っています。

相鉄グループ

相鉄沿線での低未利用地を活用し、実証実験の場を提供するほか、相鉄グループの各事業との連携も含めて協力してまいります。相鉄グループは、”相鉄いずみ野線沿線 環境未来都市”「誰もが住みたい、住み続けたいと思える持続可能なまちづくり」に取り組んでいます。 今後も沿線の魅力や暮らしやすさを高める取り組みを関係者と一体となって実施してまいります。

富士通コネクテッドテクノロジーズ

長年のスマートフォン開発で培ったセンシング技術、音声認識技術を応用し、居住者に健康な生活を送っていただくために、居住者の健康状態(ストレス、血管年齢、心拍数)を測定しアドバイスを提供するデバイスを開発を行いました。健康をアドバイスするエージェントデバイスをIoTスマートホーム内に設置しております。