2018-06-30

LINE、「Clova」の機能拡大とスマートディスプレイを発表

LINEは6月28日に開催した「LINE CONFERENCE 2018」内で、同社の音声認識AIアシスタント「Clova」の改善やスキル拡大、新端末等についての発表を行なった。

まず挙げられたのが家電操作領域の拡大。具体的には2018年夏より、Clova搭載のスマートスピーカーで家電を操作できるサービス「Clova Home」の対応家電を拡大していく。既に連携済のPhilips Hueに加え、イッツ・コミュニケーションやQrio、シャープやパナソニック、三菱電機等13メーカーとの連携が予定されている。

また、家電操作機能に関しては兼ねてより「後日発売」とされていた「Clova Friends」および「Clova Friends mini」シリーズ対応のIR Dock、「Clova Friends Dock」の販売開始予定時期も発表された(2018年夏)。このクレードルを装着することで、 FriendsやFriends miniからもClova WAVEと同じく赤外線リモコン機能の利用が可能となる。

さらにClovaの機能「スキル」を開発・拡張することができる「Clova Extension Kit」が7月中に一般公開される予定。サードパーティーの外部企業や開発者が作成したスキルは審査を経て、7月下旬以降公開予定の「Clovaスキルストア」上でユーザーに提供できるようになる。

また今回、Clova搭載のディスプレイ付きスマートスピーカー(スマートディスプレイ)「Clova Desk」の発売が発表された。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色展開で、画像認識可能なカメラのほか、IRリモコン機能やバッテリーを搭載予定とのこと。見た目の印象は米Amazonの「Echo Show」(日本では未発売)に近い。

そのほか、2018年冬より発売されるトヨタの新型車から順次Clovaを利用できるようになることも発表された。車載器とClovaを連携するサービス「Clova Auto」によって、ドライブをしながら自宅の電気を消したり目的地の天気を調べたり、LINEメッセージや無料通話でのやり取りができるようになる。従来は車を停止してからスマートフォンを操作しなけばできなかったことも、音声のみでこなせるのだ。車載ディスプレイやハンドルの音声認識ボタンと連携することで、ドライブに集中したまま様々な操作が音声で行なえるようになるという。

Clova Autoは、2018年冬よりトヨタから発売の新型車で、Smart Device Linkに対応した車載器を選択すると利用可能となるとのこと。

加えて6月26日にトヨタから発売された新型クラウンや新型カローラスポーツ、プリウスPHVで採用された「LINEマイカーアカウント」を利用することにより、車に乗り込む前からLINEを介してナビの目的地を設定したりガソリンの残量確認したり等「車と会話」することが可能だという。

AlexaやGoogleアシスタントと比べると、音声アシスタントとしては今一つ、と評価されてしまうことも多いClovaだが、パートナー企業の増加やSNS「LINE」の新たな利用シーンや音声ならではの使い方を提示することで、少しずつ独自の地位を築いていけるのかもしれない。

記事提供元

IoT Today
http://iottoday.jp/

関連記事
タグ
IoT Today
IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -
関連記事
ランキング
タグ一覧
マガジン
未来の家PJ
人気の記事を集めました
未来の家 マガジンのキーワード一覧
未来の家をつくるために役立つ情報を紹介
未来の家プロジェクトからのお知らせ
PROJECT MEMBER

横浜市

「未来の家プロジェクト」は横浜市が立ち上げた「I▢TOP(アイトップ)横浜」の個別プロジェクトの一つであり、IoTスマートホームを用いた実証実験を通じて、高齢者の独り暮らしや災害時の対応といった社会課題の解決や新規ビジネス創出を目指します。また、横浜市は本プロジェクトに協業していただける企業への呼びかけや実証実験の場の提供に向けた調整を行います。

I▢TOP横浜とは、横浜市が2017年4月に立ち上げた横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoT等を活用したビジネス創出に向けた交流・連携、プロジェクト推進、人材育成等の場となる「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」のことです。

株式会社NTTドコモ

様々なメーカーのIoT機器を一元的に管理、制御可能なIoTアクセス制御エンジン技術を、セミナーなどを通じて提供するとともに、実証実験施設として「IoTスマートホーム」を提供しています。また、IoT機器メーカーなどと協力し、IoTアクセス制御エンジン技術を活用した数多くのIoTサービスの創出を支援してまいります。

and factory株式会社

日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」のプロデュース経験とプラットフォームアプリ「&IoT」の開発実績を活かし、IoTスマートホームの居住者のユーザー体験設計と、居住者に便利に快適に生活してもらうためのアプリ開発を行っております。また、今後協業する企業との事業検討、企画を行い、実証実験から事業化を推進し、IoTスマートホームを普及させていく役割を担っています。

相鉄グループ

相鉄沿線での低未利用地を活用し、実証実験の場を提供するほか、相鉄グループの各事業との連携も含めて協力してまいります。相鉄グループは、”相鉄いずみ野線沿線 環境未来都市”「誰もが住みたい、住み続けたいと思える持続可能なまちづくり」に取り組んでいます。 今後も沿線の魅力や暮らしやすさを高める取り組みを関係者と一体となって実施してまいります。

富士通コネクテッドテクノロジーズ

長年のスマートフォン開発で培ったセンシング技術、音声認識技術を応用し、居住者に健康な生活を送っていただくために、居住者の健康状態(ストレス、血管年齢、心拍数)を測定しアドバイスを提供するデバイスを開発を行いました。健康をアドバイスするエージェントデバイスをIoTスマートホーム内に設置しております。